/ /デュパストン準備:使用説明書。

"Dyufaston"という薬:使用説明書。

彼らの健康に、すべての女性に近づくべきです大きな責任をもって現在、薬の市場には、女性が健康で充実した生活に素早く戻ることを約束する多くの薬があります。私はこれらの薬の一つについて教えたいと思います。

"Dyufaston"はグループからのホルモン薬ですエストロゲンおよびゲスタゲンは、プロゲステロンの欠乏に関連する病理学的障害を正常化するために通常使用される。それは、女性の体内でプロゲステロンの欠乏を補う有効成分 - ジドロゲステロンを含有する。

薬物は錠剤で製造され、これらは経口摂取される。 1錠は10mgのジドロゲステロンを含む。パッケージには、薬物 "Dyufaston"の20錠が入っています。薬の詳しい説明と使用説明書はこちらにあります。

"Dufaston" - 使用説明書。

この薬を正常に使用しました子宮内膜症では、子宮内膜の増殖が起こる。ルテインの不足に起因する不妊症もデュアファロンで完全に治療されています。それを適用するだけでなく、妊娠に役立つだけでなく、果物を保存します。
さまざまな理由で月経不順を使用する適応症では、異常な子宮出血。
薬物使用による流産の脅威半減する。女性の身体に浸透すると、プロゲステロンの量が増え、妊娠初期に流産に至る胎児毒性作用が阻止されます。さらに、それは胎児低酸素症および胎盤機能不全の発症を予防する。
月経前の女性の状態を緩和するシンドローム。これは、プロゲステロンのレベルを有意に増加させ、子宮収縮を減少させ、女性の全体的な健康を改善し、腫脹を排除するのに寄与する。
リストされている病気であれば、 "デュアファロン"を取ることをお勧めします。パッケージに含まれる使用説明書には、特定の疾患ごとの治療レジメンが詳細に記載されています。用量は一日一様に分布していなければならず、異なる用量が処方される場合は、最大の用量で服用を開始することが推奨される。
Duphastonは、他の同様の薬剤とは異なり、テストステロンを含まないため、副作用がより少ない。髪や肌の状態に影響を与えず、体重を増やさない。

特別な指示。

婦人科医の医師を含め、完全な健康診断なしにホルモン補充療法を処方することはできません。マンモグラフィの定期的な通過が推奨される。

薬の使用に対する禁忌。

この薬は処方されてはならないRotorとDabin-Johnsonの症候群を持つ女性。あなたが "Dyufaston"という薬剤の成分のうちの1つに不耐性がある場合、使用の兆候は、担当医師からのみ得られるべきです。
さらに、てんかん、片頭痛、腎臓病および糖尿病については禁忌である。
妊娠中、「デュアファストン」は絶対にあります将来のママと彼女の赤ちゃんの両方に安全です。しかし、母乳育児の場合、一時的に人工栄養に切り替えるべきです。なぜなら、その薬は母乳に割り当てられるからです。

副作用。

治療中、一部の患者は、月経に関連しないわずかな子宮出血を報告する。これを防ぐには、薬の投与量を増やす必要があります。

このユニークな医薬品は、プロゲステロンのホルモンの不利な点で使用する必要があります。 "Dyufaston"は避妊薬とは何の関係もありません。それが治療目的のために使用される場合、その結果は実際にすぐに可視であり、排卵および月経周期に影響しない。それは、妊娠して待望の子供を抱える機会を増やします。医師や薬剤師は、最近、デュファストンの需要が増加していると主張している。注意深く読んだ使用説明書は、「この薬はなぜそんなに人気があるのですか?」という質問に対する答えが得られます。

</ p>>
続きを読む: