/ /小児アトピー性皮膚炎の治療

小児におけるアトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎、またはびまん性神経皮膚炎 - 皮膚のこの病理は、重度のかゆみ、皮膚の発疹の出現および養生によって現れる。病気には周期的な季節的な経過があります。寒い時期の悪化や夏の冷え込みの過程で、長い間続く。

アトピー性皮膚炎の患者には、白い表層写真が特徴的である。
びまん性神経皮膚炎はヒトで起こる異なる年齢層。それに応じて、それは幼児、子供と大人のフォームに分かれています。疾患の各年齢関連段階について、発疹の位置の特徴的な部位が存在する。

病気の原因

この疾患は結果であることが知られている生物の変化した反応、憲法の病理学および免疫系に影響を及ぼす。皮膚症状は非常にしばしば鼻炎または他のアレルギー症状と合併する。この疾患は遺伝性素因を有することがある。

食料品の悪化を引き起こし、人工着色料、菓子類、医薬品、ワクチン接種、職場での有害物質、家庭用塵埃などが含まれます。

病気の臨床症状

一般に、この疾患の主要な症状幼児期に発生する。幼児のアトピー性皮膚炎は、相補的な食品または乳製品製剤の導入によって発達する。疾患(小児および成人)の全段階において、患者は重度のかゆみを患っている。乳児では、皮膚炎は顔面、頚部、耳殻、頭部、皮膚のひだの皮膚に局在する。

病気が子供の年齢に移行すると、発疹手足の襞の領域では、首、胸、手足、手の部分がより多くなります。発疹の要素については、苔状丘疹および苔状化が特徴的である。成人では、発疹は似ています。プロセスの蔓延に応じて、限定された形態の皮膚炎、共通および普遍性(紅斑性狼瘡)が分離される。

小児におけるアトピー性皮膚炎の治療

まず、アトピー性皮膚炎の治療は、子供は悪化の原因を取り除くことに向けられなければならない。アレルギーの原因を特定し、それとの接触を最小限に抑えることは非常に重要です。このような病気の子供は、エキゾチックな食品、柑橘類、菓子、オレンジと赤の果物や野菜、酪農製品を除いて、低アレルギーの食べ物を食べるべきです。このような診断では、乳児のアトピー性皮膚炎のように、まず治療には、低刺激性ミルクまたは発酵乳混合物およびグルテンフリー穀物からなる適切な栄養が含まれる。新製品の各導入は、最低用量で徐々に行わなければならない。それらが反応しなければ、製品の投与量が増加する。親は腸の働き、通常の便に従う必要があります。 dysbacteriosisの予防的な維持および治療を行う必要がある。

アトピー性皮膚炎治療薬子供は、年齢関連の基準で抗ヒスタミン薬(スプストラスチン、フェンカロイル、フェニチルなど)の使用を意味します。これらの薬物は、炎症を支持するメディエータの発生を妨げ、組織の浮腫および血管の透過性を低下させ、皮膚のかゆみを除去する。薬物は、摂取のための溶液の形態の小さな子供のために、錠剤の形態で使用される。抗ヒスタミン薬の軟膏があります。

さらに、神経系、マルチビタミン、吸着剤、免疫調節剤に鎮静作用を有する軽い鎮静剤を処方する。

局所的には、皮膚の患部に適用するローション、ホルモンの軟膏( "Advantan"、 "La Cree"、 "Acriderm"など)。 2年間のホルモン軟膏下の子供は、最後の手段として処方したり使用したりしていません。組織の再生を改善するために、ビーポンを使用してください。

良好な炎症および組織の改善交換療法(電気泳動、紫外線、光線療法)があります。重度の中毒、かゆみ、二次感染、子供のアトピー性皮膚炎の治療は病院で行われます。注入療法、解毒が行われます。必要であれば、免疫複合体およびタンパク質分子に関連する有毒物質を除去するために、血液吸着および血漿交換が行われる。

気候療法と海水は、アトピー性皮膚炎のような診断で持続的な寛解を引き起こす。草のハーブの風呂の形の民間療法、カモミールは炎症を和らげ、肌をなだめる。

</ p>>
続きを読む: