/ /歯の分離:前後

歯の分離:前後

歯の分離は美学の創造である歯科機器の助けを借りて輪郭を描く。この処置は、歯科医院で行われ、治療領域に保護コーティングを用いて完全に無痛に通過する。

医師は輪郭に沿って切断を行い、分離する残りの部分からプロットする。この手順は、中括弧を取り付ける可能性、または必要に応じて歯の歯列矯正のために必要です。エナメル質は磨かれているが、最大除去深さは0.25mmを超えてはならない。これは歯の骨の感度と完全性を損なわないために必要です。これにより、不規則性を修正し、除去せずに咬合を修正することが可能になる。多くの歯科医はクラウンを確立するために分離方法を使用しています。

歯の分離

多くの患者が多くの問題を懸念しています。

  • この場合、歯の分離が必要である。
  • 手続きの結果。
  • この方法の有効性

分離の主な利点は、この矯正方法は、患者にとって否定的な結果をもたらさないこと。この方法の助けを借りて、欠陥が修正され、すべての歯が保存されます。この手順により、歯間の間隔を広げ、非常に複雑な場合に顎の誤った展開を修正することが可能になる。この目的のために、特殊なバー、鋸および他の歯科用器具が使用される。

分離とその変形

歯の分離は、ドリルで行うか、このネイルファイルのために特別に設計されています。このタイプの歯科介入はいくつかの方法で行われます:

  • 生理学とは、自由な空間を作り出すために、隣接する歯の一時的なストレッチマークの間に設置することです。
  • 機械的 - 歯のエナメルの部分的な除去。

歯の分離のレビュー

分離はいつ行う必要がありますか?

その主な表示と主なタスク分離のプロセスは、歯のサイズまたは形状を変化させるための要件であり、その変位のための自由部分の出現を伴う。このような状況では、

  • 歯みがきの遅延中、すなわち彼の保持中の治療。
  • 歯列矯正器具の助けを借りて誤った咬合や湾曲を矯正する。
  • 補綴物、すなわち義歯の形でクラウンを取り付けるための歯列または歯列の準備。

今日まで、歯の冠状切開は、咬合矯正中の伝統的な除去の最も最適な代替物と考えられている。

歯の分離

分離プロセスはどのように実施されていますか?

機械的なプロセスは、隣接する切歯との接触領域において突出した歯の回転に起因して生じる。このタイプの分離を実施するために、様々なタイプの装置が使用される:

  • 分離のための2枚または片面ディスク。 大多数の歯科医は、このオプションが最も正確で倹約的であると信じています。しかし、この場合は、医師自身の経験に大きく依存します。怪我を防ぐために、チップをノズルで確実に固定し、口腔鏡で柔らかい組織を注意深く取り除く必要があります。
  • 特別なネイルファイル。

プロセスの最後には、すべての鋭いコーナーが慎重に磨かれた。旋削された部品の処理のために、特殊な材料を使用することができ、適用中に歯のエナメルをその後の破壊から保護する。

生理学的プロセス中自然な歯間空間への分離は、このくさびのために特別に作られた固定されている。それらは、一定期間設定されます。これは、原則として、1日以上です。

歯の冠状切開

分離の主な利点

多くの歯科医によれば、現在、歯の分離は、歯の間の追加の空間を得る最も穏やかな方法である。この方法には多くの利点があります。

  • この過程で、健康な歯がそれぞれ損傷することなく、それらを除去する必要はない。
  • 手順にはほとんど時間がかからず、実施が比較的容易です。
  • 特定の操作を実行するのに必要な空き領域を確保できます。
  • 分離が完了した後、歯の骨組織を回復する必要はない。
  • プロセスそのものは無痛で、人は軽度の不快感を感じます。

分離の短所

プロセス自体には実質的に欠点はありません。前後の歯の分離(写真)は、この治療法がどれほど効果的であるかを証明します。

写真の前後の歯の分離

合併症は、医者が間違ったことをした場合にのみ、非常にまれに現れることがあります。副作用には以下の事実を含めることができます:

  • 歯肉組織の局所炎症。
  • さらに死に至るとパルプにダメージを与えます。
  • 治療された歯の高感度。

美的推奨

前後の歯の分離はどうしますか?下の写真を参照してください。治療中は、口腔のケアと衛生を観察することが絶対に必要です。この手順では、特別なブラシ、ペースト、マウスウォッシュが必要です。ブレースを着用したら、残りの食物が残らないように口をすすいでください。

前と後の歯の分離

均一で美しい色を出すために、漂白剤を使うことができます。このプロセスは、歯科医院または自宅で行うことができる。

治療中、エナメルは色を変えることができ、したがって、X線を行い、歯の管および歯根の状態を研究することが絶対に必要である。薬を服用することによって日陰が変わることがあります。優れたエナメルを保護し、滑らかな表面を作り出します。歯を分離することは、治癒プロセスを完了し、理想的な笑顔を作り出すために色を調整することを含む。

歯科医には、1年に2回検査を実施します。これは何年も歯の健康を保つために必要です。どの歯科医院でも分離が可能です。この手技の後、以前に欠陥があった人は、理想的で美しい歯の所有者になります。

患者レビュー

このような手順を実行するには、経験豊富な専門家が働く認可された歯科医院にのみ適用してください。ほとんどの場合、歯の分離を持っている患者は、レビューは肯定的なままです。このようにして行われた修正は、無痛で非常に効果的であり、美しく美しい外観を作り出すことを可能にする。今日まで、歯科矯正医は、治療を最も快適に、無痛かつ効果的に行うことを可能にする様々な方法を有している。そのような治療の質は、歯科医の専門性と資格に完全に依存するため、医師の選択は真剣に取られなければならない。

</ p>>
続きを読む: