/ /「アルファD3-Teva」の薬:使用のためのレビューおよび使用法

「アルファD3-Teva」という薬:使用のレビューと使用方法

「アルファD3-Teva」という薬は、体内のリンとカルシウムの交換を調節し、腸での吸収を増加させ、骨組織中のミネラルの含有量を増加させ、血液中の副甲状腺ホルモンのレベルを正常化させる医薬品。

この薬は、内部使用のためのカプセルの形態である。

薬物「アルファD3-Teva」の性質

レビューは、治療の高い有効性を示し、ビタミンD3を代謝し、骨組織および肝臓でカルシトリオールに変換され、体内のリンおよびカルシウムのホメオスタシスの調節に重要な役割を果たす。

投薬 "Alfa-D3-Teva"はバランスを正常化する骨を強化し、骨折の可能性を減らすために必要な濃度を回復させる。薬物の使用により、リンおよびカルシウム代謝の侵害に起因する骨および筋肉の痛みの重症度が低下し、筋活動および筋力が増加し、運動の調整が正常になる。

天然の天然ビタミンD3とは対照的に物質「アルファD3-Teva」の変換は腎臓で行われないので、腎1-α-ヒドロキシラーゼの活性低下を伴う腎病変および骨粗鬆症の患者にとっては安全である。

投薬の適応症「Alpha D3-Teva」

セラピストのレビュー低リン血症性ビタミンD抵抗性くる病のための薬、副甲状腺機能亢進症。カプセルは、胃腸切除後症候群または吸収不良の間に低レベルの吸収が原因である骨軟化症と同様に、慢性腎不全の背景に対して発症する骨ジストロフィーで採取される。

ステロイド性、閉経後、老年性および他の種類の骨粗しょう症は、処方薬「Alpha D3」でも処方されています。この指示書には、骨の強化、調整の回復のために投薬を受ける高齢の患者の投薬による治療に関する情報が含まれています。その適用の結果、骨および筋肉の痛みは減少する。 α1グロブリンが血液中で上昇すると、カプセル受容が示される。この薬剤は、燐酸およびカルシウムの代謝の矯正を必要とする甲状腺炎様疾患の治療において良好な効果を与える。

薬「アルファD3-Teva」の禁忌

専門家は使用を推奨しません高カルシウム血症、高カルシウム血症、高マグネシウム症(体内のリン、マグネシウム、またはカルシウムの含有量の増加)のための薬。ビタミンDを含む体の過飽和症、中毒までの治療、およびこの物質に対する感受性の増加を伴う患者の治療を処方しないでください。

禁忌には、薬物の体成分(アルファカルシドールまたは賦形剤)に対する過敏症および不耐性が含まれる。

胸のために薬を使用することは禁じられています摂食一般的に、この薬は、体重が20kgを超える6年後にのみ、子供のために処方される。妊娠中は、絶対に必要な場合にのみ、また胎児の発達の異常の可能性を超えて使用することの利点が確実に得られる場合にのみ、治療が行われる。

「アルファD3-Teva」の副作用

レビュー 薬を使用した患者は、副作用の存在。場合によっては、高カルシウム血症は治療、吐き気、口渇、嘔吐、全身衰弱の間に起こりうる。投薬、胸やけ、下痢、または便秘を使用した後の患者では、食欲不振が観察され得る。

上腹部の不快な感覚、深刻な眠気、めまいの発生については、「アルファD3」のカプセルについての回答者の多くが話しています。

副作用はフォームに現れます頻脈、アレルギー反応(痒み、腫脹、発赤)、アジュバント製剤ピーナッツ油の影響によって引き起こされるアナフィラキシーショック、並びに関節、骨や筋肉の中程度の痛みの出現。

</ p>>
続きを読む: