/ /薬 "シストン"。適応症

薬 "シストン"。適応症

薬 "シストン"は、ハーブ物質に基づいて製造された天然のものであり、治療薬です。利尿剤として、体内の水分、泌尿器系の石を取り除きます。

シストンの証言
薬「シストン」の証言は違う。 しかし、それが適用されるすべての病状は、尿生殖器系の障害と関連している。この薬剤は、炎症の強度を低下させるのに役立ち、病原性微生物叢に抑制作用を有する。

製品はタブレット形態で入手可能です。錠剤にはにおいがありません。

薬 "シストン"。適応症

薬剤は病気に処方されている泌尿器系。特に、「シストン」製剤は、腎石症、腎盂腎炎、痛風などの適応症を含む。腎臓の結晶症(砂中の砂)、泌尿器系のさまざまな感染症の治療法を割り当てます。十分に広く使用されているのは、膀胱炎の「シストン」療法です。また、上記疾患の予防剤としても推奨される。 「シストン」の読み方には、唾液腺の石の存在も含まれると言われます。

メーカーによると、この薬は絶対に安全です。要約は、過敏症以外の有害事象または禁忌に関する情報を提供していない。製品を使用する際に体の反応が否定的である場合は、専門医に相談する必要があります。この場合、類似体による薬物の置換が考えられる。

膀胱炎のシストン
食後に薬を飲むことをお勧めします朝と夕方の2つのタブレットで。このレジメンは、尿石症の治療において最適と考えられている。この病状の治療は比較的長い過程であることに留意すべきである。この点に関して、専門家は、瞬間的な結果が生じないことを患者に知らせるべきである。これに伴い、医師の勧告に従って医薬品を定期的に使用することは、ほぼすべての場合において肯定的な結果をもたらすことが実証されている。

アプリケーションの期間は、石の種類と大きさ。したがって、期間は数週間から6ヶ月とすることができます。治療を中止または継続する決定は、泌尿器系の超音波検査の結果に依存する。

子供たちへのシステル
腎臓または膀胱に結石がない場合、治療は中止される。

多くの場合、薬物「シストン」は子供のために処方されています。 大人の患者の泌尿器系の病理はより顕著であると言わざるを得ないが、迅速に介入することがしばしば必要である。一方、子供は病気の強度が低く、石は小さく、外科的介入は非常に外傷性であると考えられています。この点で、専門家は保守的な治療を規定している。控えめな措置として、薬物「Cyston」とそれに似たものが使用されます。

入院のレジメンと同様に、薬剤の予約は医師によって行われることに留意すべきである。

</ p>>
続きを読む: