/ /ミルクティー - 同時に害と恩恵を受ける

ミルクティー - 同時に害と恩恵

このような飲み物は、牛乳入りの紅茶のように、まだ私たちの国ではエキゾチックと考えられています

ミルクティーは有害で有用です
英語の伝統との関連を引き起こしている。 相手と同じくらい彼の支持者は:いくつかは信じている身体に有害成分のこの組み合わせ、しばらく素晴らしいなめらかな味と一緒に彼に健康的で栄養価の高い性質を大量に起因する他の人。したがって、牛乳と紅茶 - 有害と同時に恩恵を受ける。このドリンクが正しく準備され、完全に飢え、トーンを満たし、朝活性化しますと冷たい夜を温めています。

それは有害ですか?

ミルクティー - それは有害ですか? 実際、この神話は明らかに誇張されています。ミルクは、茶と組み合わせると、確かにその特性が変化しますが、栄養素の量は減少しません。牛乳入りのお茶は、胃粘膜に刺激を与えずに、神経系に軽度の影響を与えます。もちろん、元のバリエーションの紅茶には、より多くの抗酸化物質が含まれており、魅力的ではないと考えている飲み物よりも効果的に痙攣を取り除くことができます。しかし、食事栄養のために、牛乳入りのお茶は簡単に置き換えられません。

それは役に立ちますか?

ミルク害のあるお茶

ミルクティー:害と恩恵 - それ以上? このような飲み物のメリットを詳しく考慮しなければ、この問題に反対するのは難しいです。胃腸管の病気、肉体的および精神的な過剰なストレス、さまざまな種類の感染症、神経系の疲労による身体の同化は、別個の紅茶およびミルクよりもはるかに優れています。さらに、ラクトース欠乏に苦しんで、全乳を許容しない人々は、喜びの牛乳を飲みながら紅茶を飲む。グルメはリンゴ、桃、アプリコット、ブルーベリージャムでこのドリンクを飲むのが好きです。

正しく調理するには?

牛乳、害および利益を伴う紅茶

ミルクティーは良いか悪いですか?
個別に評価し、特別な技術。この飲み物のためには、黒と緑の両方の茶の強いタルトの品種を使用することをお勧めします。これまでイギリスの紅茶と牛乳の愛は、これまで英国への主な輸出国がインドだったという事実によって説明されています。輸入された南部のインド産茶は、ミルクと合わせてマイルドな味を取り、そのようなタンデムの恩恵を受けたと考えられていました。お茶を作るには
英語のミルク、それは底に必要ですホットミルクのカップ2または3杯を注ぐとの比率で作られたお茶を追加:水1リットルあたり40グラムを。ミルク希釈した高品質のハイグレード茶はオレンジ色になります。牛乳、損傷、まだ美食家によって議論されているの使用とお茶、それが「マサラチャイ」の名の下に私たちの国ではよく知られ、インドの飲料を調理するために使用することができます。彼は、寒い冬の夜に最適なドリンクと考えられています。 (比率1:1)脂肪牛乳と水を混合することが必要なようにするには、砂糖とスパイスの混合物で沸騰し、希釈にもたらす(:カルダモン、ジンジャーパウダー、シナモン、クローブ、オールスパイス、彼らは味、標準に応じて選択することができます)。さらに、この紅茶は、液体を醸造しました。ミルクティー:利益や害 - それはあなた次第です!

</ p>>
続きを読む: