/ /モードとベビーフード1年まで

最長1年間のモードとベビーフード

赤ちゃんの姿で、新しい心配、喜びと幸せな瞬間、両親は子供の人生と健康に大きな責任を負います。赤ちゃんは特別な注意、適切なケア、そして最も重要なのは栄養の組織化が必要です。最大1年間のベビーフードは絶えず変化しており、毎月その必要性が増しています。

彼の人生の初めの1年間は赤ちゃんだった免疫システムが形成され、彼にとってこの最も重要な時期に、健全な発達のために必要なすべての微小要素およびビタミンを受け取ることが非常に重要です。最大1年までの子供のための適切に体系化された食事は、子供が周囲の世界に素早く適応するのに役立ちます。もちろん、赤ちゃんが母親に1年間牛乳を授乳すればいいですが、この可能性がいくつかの理由で提供されなければ、適応した混合物は授乳に近くなります。

母乳育児は慎重に行うべき食生活を考える。赤ちゃんの骨が強化されるように、タンパク質とカルシウムが豊富な食品をもっと食べるべきです。調味料、スパイス、スパイス、チョコレート、柑橘類、キャベツ、タマネギ、赤い野菜を使用してください。これらすべての製品は素質や腸の疝痛を引き起こす可能性があります。良好な授乳のためには、サワーミルク製品、凝縮したミルク入りのお茶を使用することをお勧めします。これらの飲み物はすべて母親に栄養を与えます。これは子供にとって非常に重要です。

子供たちはどのようにして1年まで飼養されるべきですか?

通常、授乳中の乳児は、3時間ごとに時間からの独立性。多くの小児科医は、1年までのベビーフードは必要に応じて実施すべきだと考えています。また、医師は、食事の間隔は少なくとも2時間でなければならないと主張しています。したがって、胃が消化され、食物から放出されます。理想的には、最初の数ヶ月、赤ちゃんは母乳を摂取し、欲望があるときは養生法を整理します。

しかし、これは厳密に守らなければならないという意味ではありませんこのスキーム - 個々の赤ちゃんのニーズは個人的なので、妥協を見てその状況に従ってください。彼が成長するにつれ、子供自身が食べ物を求めることはあまりありません。彼は彼の周りの世界を勉強し、母親とコミュニケーションをとり、新しいおもちゃに知り合っています。新しい音であるあらゆる音は、子供の注意をそらすものです。

追加の補完食品の導入による最大1年間のベビーフード

赤ちゃんが授乳中の場合、6〜7ヶ月齢以上の補完食品を導入する必要があります。人工授乳中の赤ちゃんは徐々に3ヶ月間からジュースを与えることができます補足的な栄養補給の過程では、息子の胃が調整して新しい成分を消化するように、ティースプーンの半分を与えるために体制と馴染みのない食品に厳密に従うことが必要です。

ルアーは母乳の代用品ではありません。ミルク混合物、これは基本的な食事に加えて、胸部/混合物から徐々に離乳する。彼が欲しくない場合、子供に新しい食べ物を食べさせてはいけません。同時に、いくつかの新しい料理を紹介することはできません。まず、赤ちゃんが1つの製品に慣れている必要があります。

急いでここでは受け入れられない:皮膚、腸の仕事、一般的な状態を監視します。 1週間後、または2週間後でさえ、あなたは1つの母乳育児を置き換えることができます。

7ヶ月で、お子様にお粥、スープマッシュポテト、コテージチーズ。原則として、この年齢の子供には、2つのマッシュポテトやお粥、4つの母乳が授与されます。また、徐々に夜の食べ物から彼を離乳させ、混合物や乳を水で置き換える必要があります。

年に近づくと、赤ちゃんにはミートボールが与えられ、ミートボール、クッキー、ゼリー。彼のメニューの果物(バナナ、りんご、梨)に含めると、小さい果実に気をつけてください。子供はまだひどく噛んでいて、窒息する可能性があります。あなたの赤ちゃんの欲望に合わせて1年までの赤ちゃんの食べ物を整理してください。

</ p>>
続きを読む: