/ /「トヨタハイランダー」:技術仕様、インテリア、デザイン、価格

「トヨタハイランダー」:技術仕様、インテリア、デザイン、価格

オフロード車«トヨタハイランダー»、その日本の原産地にもかかわらず、国内市場ではなくアメリカ市場での需要が大きい。ところで、日の出の国でのこのようなパラドックスは、初めてではない。日本人が米国市場専用車を開発しているので、多くの例を挙げることができます。しかし、我々はこれらの詳細を妨害することはありませんが、SUV "Toyota Highlander"に進む予定です。

ハイランド技術仕様書

技術特性と特性設計この車は2002年以来アメリカ人によく知られています。その後、これらの車の第1世代が組立ラインから外れました。しかし、予想外にも5年間の販売成功後、同社の経営陣はこのモデルの生産を終了することに決めました。しばらくして、2008年に、新しい「トヨタハイランダー」(第2世代)が登場しました。今回は、開発者は自らをアメリカ市場に限定せず、東ヨーロッパに自動車を供給することに決めました。 2年後には、ノベルティはロシアに正式に供給された。つまり、それは "ブラックディーラー"ではなく購入できるということである。

外部的には、車には多くの同様の部品があります「カムリ」と呼ばれる若い「妹」と一緒にいる。実際、SUVの第2世代はその基本に基づいて設計されていました。ここから、「ドナー」と同じように、車がほぼ同じグリルと斜めのライトを持つ理由が明確になります。 SUVのデザインでは、小さな剽窃にもかかわらず、ユニークで純粋に男性的な特徴を辿ることができます。これは、クロムインサートと「ガン」フォグランプを備えた大規模なバンパーによって示されます。フロントガラスの角度はわずかに減少した。そのため、開発者は車にスポーティな外観を与えるだけでなく、空力抵抗を減らすこともできました。高い地上高と車の前部の迅速な傾斜は、「私はどんな障害も克服する準備ができている」と言います。車の外観を見ると、それはクロスオーバーであることに気づかないだけでなく、それはカムリ乗用車によって撮影されたので、さらにそうである。デザイナーは本当に賞賛に値する - 彼らは都市の全輪駆動を真の全輪駆動SUVにすることに成功した。

新しいトヨタハイランダー

トヨタハイランダー:仕様

ノベルティのフードの下で強力な驚くことに「カムリ」から借りた3.5リットルの6気筒ガソリンユニット。彼は273馬力を持ち、車を時速180キロに加速することができる。ええ、「トヨタハイランダー」の仕様はまったく軽いわけではありません。これは、燃料消費については言えません。平均して、マシンは100あたり約10〜13リットルのガソリンを消費します。

モスクワのトヨタハイランダー

トヨタの「ハイランダー」の価格

すでに見てきたように、技術的特徴は、デザインとの組み合わせで、本当にあなたは目新しさに注意を払う。その価格は、ドイツと韓国のそれに比べてかなり受け入れられており、ベースでは約900万ルーブル、最大構成では900万ルーブルである。これは、公式ディーラーからトヨタトヨタがモスクワでどのくらいの費用を負担するかということです。

</ p>>
続きを読む: